今宵の酔について

【日本酒】笑四季貴醸酒 MONSOON(モンスーン) 吟吹雪 火入れ 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

【日本酒】笑四季貴醸酒 MONSOON(モンスーン) 吟吹雪 火入れ 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想 日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本ブログでもたびたび登場している、笑四季酒造。

滋賀県に構える酒蔵で”甘口”を基調としたお酒をリリースし続けています。

 

以前も紹介した、貴醸酒『MONSOON』というシリーズ。

【日本酒】笑四季貴醸酒 MONSOON(モンスーン)玉栄 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想
滋賀県の笑四季酒造が醸すMONSOONシリーズ!今回のレビューは、笑四季貴醸酒 MONSOON(モンスーン)玉栄 2017BY。上立ち香を始めとする香りから、甘さや旨みなどの味わい...感想を存分に紹介します。

 

前回は『玉栄』という酒米を使用していましたが、今回は『吟吹雪』を使用したスペックとなります。

笑四季貴醸酒 MONSOON(モンスーン) 吟吹雪 火入れ 2017BYの感想を紹介します。

 

【日本酒】笑四季貴醸酒 MONSOON(モンスーン) 吟吹雪 火入れ 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

 

MONSOONおなじみの、浮世絵ラベル。

浮世絵師である東學(あずま がく)氏が、幻妖で和風な女性を描いています。

 

この『吟吹雪』という酒米ですが、母『山田錦』×父『玉栄』の交配により誕生した酒造好適米。

滋賀県内の多くの酒蔵で利用されている品種です。

 

【日本酒】笑四季貴醸酒 MONSOON(モンスーン) 吟吹雪 火入れ 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

 

早速グラスに注ぎます。

濃厚そうな若干黄色味を帯びたその様子は、まさしく円熟。

 

口に入れると、「これぞMONSOON」…分厚い甘さが口いっぱいに広がります。

コク深くもあるどこまでも続くその甘さは、ボリューム感たっぷり。

洋酒が好きな方であれば、アイスワインのような甘さが近いでしょうか。

 

キレにかけて、少々の酸味を感じつつも、濃厚な熟々とした余韻が続きます。

 

まるでバナナの様な味わいを感じさせる一本…..デザートのように戴きたいお酒の一つです。

銘柄MONSOON(モンスーン)
スペック貴醸酒 吟吹雪 火入
原料米吟吹雪
酒造年度2017BY
酒蔵笑四季酒造
酒蔵地滋賀県
精米歩合50%
アルコール度数17%
日本酒度 –
香りフルーツ様の甘い香り
甘味
酸味
濃淡少々の酸を感じつつも熟々とした強い甘みの余韻が続く