今宵の酔について

【日本酒】赤武(AKABU)純米 NEWBORN 生 2018BY|おすすめ地酒紹介・感想

【日本酒】赤武(AKABU)純米 NEWBORN 生 2018BY|おすすめ地酒紹介・感想 日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新酒の季節!

今回は、学生時代利き酒日本一にも輝いた若き杜氏、古舘龍之介さん率いる岩手県赤武酒造の作品を戴きます。

2014年に大学卒業後、酒造りの勉強をし、実家の蔵元を継ぎ……震災のあとの同蔵躍進を支えています。

 

そんな躍進を支えた、古館杜氏、そして平均年齢20代という蔵人と醸したのが『赤武(AKABU)』

その新酒、赤武(AKABU)純米 NEWBORN 生 2018BYの感想をお届けします。

 

【日本酒】赤武(AKABU)純米 NEWBORN 生 2018BY|おすすめ地酒紹介・感想

 

ラベルには、おなじみの武士のラベル。

そして”AKABU”の文字のバックに横切るのは刀のシルエット。

心は永遠の男子(自称)なので、こんなラベル…絵や演出を見るとワクワクが止まらないんですよね!(笑)

 

【日本酒】赤武(AKABU)純米 NEWBORN 生 2018BY|おすすめ地酒紹介・感想

 

さて、早速瓶を開けてみると……ポンッっと弾ける音が。

ラベルにも”ガスが残存しています”とありましたので、まさしくそのガスに。このフレッシュ感たまりませんね。

 

口に含むと、ピチッとほんの少しの刺激。

その一瞬の出会いが落ち着き、だんだんと旨みが….そして増してくるのです。

若干渋もありつつも、端々に感じるコクの強さ。そして酸もだんだんと際立ってきまして、味わいを整えて、キレよくフィニッシュ。

 

キレ良くも確かな旨みも感じられるので、薄味のおでん(あと、ツブみたいな素材の味がしっかりしてるの良さそう)と一緒に戴いてみたいですね。

銘柄AKABU
スペック純米 NEWBORN 生
原料米吟ぎんが
酒造年度2018BY
酒蔵赤武酒造
酒蔵地岩手県
精米歩合60%
アルコール度数16%
日本酒度±0
香りフレッシュ
甘味
酸味
濃淡広がった旨みが酸でバランスを整えてキレよくフィニッシュ