贈り物におすすめのウイスキーはこちら

【日本酒】裏ロ万 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

【日本酒】裏ロ万 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログでも度々登場している、福島県の銘酒『ロ万』

花泉酒造が醸しており、筆者もそのファンの一人です。

 

今回は、『ロ万』から裏シリーズである裏ロ万の感想を届けします。

裏シリーズといえば、各酒蔵での番外品…試験的なものや挑戦をした作品のような位置づけで、『裏ロ万』は酵母に『福島うつくしま酵母』を使用し、様々なロ万シリーズをブレンドした作品とのこと。

 

店頭で見かけたときから非常にワクワクの止まらない一本です。

 

裏ロ万ボトル

 

さて、写真では少々分かりにくい(?)かもしれませんが、裏ロ万ですが一升瓶を購入しています。

基本的に筆者は四合瓶を買っているのですが….実は『裏ロ万』は一升瓶サイズしか提供されていない模様。

 

それでも飲みたかったので、もう迷わず手を伸ばしましたね(笑)

 

裏ロ万_味わい

 

グラスに注いで顔を近づけてみると…春の訪れを感じさせるような、そんな蜜の華やかさを想起させる香りが。

 

この香りのイメージから「芳醇系かな?」なんて思いつつ、口に入れてみると最初の口当たりは、思ったよりあっさり。

上立ちからジューシーさが強いのかなって思っていたので、ちょっとしたギャップ。

 

でも、そこからがすごい…。

旨みの深さがすごいです。

コクの層が何段も押し寄せてきて、深淵へと誘ってくれます。

その中に一瞬だけ酸の層がある感じがしたのですが、それすら通り越してさらに旨みが顔を出してきます。

 

余韻もコクがずっと続き、すごい満足感を感じられる裏ロ万。

煮物系なんかと一緒に食べてみたいな…なんて想像と共に、一升瓶すら、すぐに空になる美味しさでした。

銘柄ロ万
スペック裏ロ万
原料米会津産米
酒造年度2017BY
酒蔵花泉酒造
酒蔵地福島県
精米歩合60%
アルコール度数15%
日本酒度 –
香り華やか
甘味
酸味
濃淡深いコクの余韻が長く続く