贈り物におすすめのウイスキーはこちら

【日本酒】鍋島 純米吟醸 赤磐雄町 三十六萬石 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

鍋島 純米吟醸 赤磐雄町 三十六萬石 日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、鍋島から感想をお届けします。

 

鍋島 純米吟醸 赤磐雄町 三十六萬石 2017BY

本ブログでも度々登場する佐賀の銘酒『鍋島』ですが、雄町を使用した一本です。

 

鍋島 赤磐雄町 ボトル

 

赤磐雄町ですが、読み方は「あかいわおまち」

赤磐とは、岡山県の地名です。

 

本銘柄でも使用されている雄町米…「オマチスト」と呼ばれるファンが多数いることでもおなじみの酒造好適米。

その雄町米の名生産地の一ヶ所が、岡山県赤磐市です。

 

鍋島 純米吟醸 赤磐雄町 三十六萬石

 

さっそく開栓。

注いで鼻を近づけたところ、香りは主張してくるものはなく穏やかに。

 

口に含むと、ミネラルな感じが非常に特徴的。

辛口なわけではないのですが、すごくキリリとしているイメージです。

 

「あれ?」なんて思ったのも束の間…

じんわりと旨味が出てきます。

まさしく旨口。そしてTHE”美味しい日本酒”というような味わい。

 

その余韻ですが、長くは続かず、ドライな後口。

少しの渋みの余韻がほんの少しだけ。

 

一度の味わいでバランスよく各要素が来るのではなく、それぞれの味わいの層がバランスよく配置され順に主張をしてくる感じでしょうか。

 

米の旨みはしっかりと感じられ、根菜の旨味がじっくり味わえるおかずなんかと一緒に戴きたいなんておもいました。

銘柄鍋島
スペック純米吟醸 赤磐雄町 三十六萬石
原料米雄町
酒造年度2017BY
酒蔵富久千代酒造
酒蔵地佐賀県
精米歩合50%
アルコール度数16%
日本酒度 –
香り穏やか
甘味
酸味
濃淡旨みがドライにキレる