今宵の酔について

【日本酒】新政 陽乃鳥 十周年記念酒 Love for the Phoenix|おすすめ地酒紹介・感想

【日本酒】新政 陽乃鳥 十周年記念酒 Love for the Phoenix|おすすめ地酒紹介・感想 日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新政酒造の人気シリーズであるPLIVATE LAB

その中の陽乃鳥がリリース10周年を迎えました。

それを記念して発売された….新政 陽乃鳥 十周年記念酒 Love for the Phoenix

 

無事、筆者も購入ができまして、その感想をお届けします。

 

【日本酒】新政 陽乃鳥 十周年記念酒 Love for the Phoenix|おすすめ地酒紹介・感想

 

荘厳なラベル。

それは、陽乃鳥がフェニックスのように燃え上がり、飛び立とうとしているよう….。

 

本作は、十周年記念ということで外箱や付属品も豪華絢爛。

新政 陽乃鳥 十周年記念酒 Love for the Phoenix

私が懇意にしておりますイギリスのテクノアーティストである System7 さまとの共作です。

System7さまは日本びいきで、手塚治虫に感化されて、”Hinotori”という曲を造っております。
これが縁で我々と知り合うことになりました。
本記念酒のタイトル”Love for the Phoenix”も、System7さまの曲から拝借しております。

なお、System7さまは、イギリスのアーティストです。
ロックアーティストとしてもともと著名人であったスティーブ・ヒレッジ氏と、
女性電子音楽家のミケット・ジラウディさんのユニットです。
20年以上のキャリアを誇り、日本酒業界で有名なリッチー・ホウティン氏などとも親交が深いです。

◯セットの内訳
中には、酒のほかに、「System7」さま名義の2枚組のCD「Love for the Phoenix」
が入っております。
1枚目は、いわゆるDJミックスというもので、System7の名曲を、僭越ながらファンである私が選ばせていただきまして、ベスト盤的な色合いの楽曲集となっております。
引用:新政酒造様

 

新政・System7・陽乃鳥ロゴが中が箱内散りばめられた、重厚な外箱。

そして、まさかのCD付属。

 

従来の日本酒の概念を覆すようなセット。

まさしく10周年を祝う、記念的な内容となっています。

 

【日本酒】新政 陽乃鳥 十周年記念酒 Love for the Phoenix|おすすめ地酒紹介・感想

 

本作は、オーク樽に約2か月間貯蔵。

そして、System7のイベントにタンクを持ち込み、酵母に音楽を聴かせたり、観客と共に醸造工程を共有するというこだわりが…。

 

そんなLove for the Phoenix、肝心の味わい。

 

グラスに注いで感じる……そしてグラスから口へ移して感じるのは、とろりとした感覚。

口当たりからまろやかな甘みが感じられたかと思いきや、深みを増して濃厚に広がっていきます。

 

陽乃鳥オークとも飲み比べてみましたが、純粋に甘さの濃度が強いですね。

喉を通るときはスッと通りますが、そのあとも舌の上には糖度の高いフルーツを食べているかのような感覚が残ります。

貴醸酒の魅力がふんだんに感じられますね。

 

今後も陽乃鳥だけでなく、PLIVATE LAB…新政酒造の作品が長年楽しめることを、蔵元がステキな作品をリリースしてくださることを祈っています!

銘柄陽乃鳥
スペック十周年記念酒 Love for the Phoenix
原料米秋田県産米
酒造年度2016BY
酒蔵新政酒造
酒蔵地秋田県
精米歩合麹米40% / 掛米50%
アルコール度数15.2%
日本酒度 ー18
香り穏やかな中から甘みを感じる
甘味
酸味
濃淡芳醇な甘さが喉越し後に長らく続く