贈り物におすすめのウイスキーはこちら

【日本酒】而今 にごりざけ生 2018BY|おすすめ地酒紹介・感想

而今 にごりざけ生 2018BYアイキャッチ 日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私の2018BYも、とうとう始まった!!

 

2018BYはこれまでも飲んでましたが、やはり私の日本酒人生の始まり…このお酒の2018BYを戴いてこそ、というわけなのです。

 

而今 にごりざけ生 2018BY

三重の銘酒『而今』…木屋正酒造が醸す、当ブログでもおなじみの銘柄です。

そして、なぜここまで『而今』に想い入れがあるのか…それは『而今』が、私にとって日本酒にハマるきっかけとなった作品だからなのです。

だからこそ、できる限り『而今』はいただきたく、そしてありがたいこと数々のスペックを戴けております。

 

そして、『而今 にごりざけ生 2018BY』にて、いよいよ私も心から2018BYの気持ちに!(笑)

 

前置きが長くなりましが、早速感想を紹介。

 

而今 にごりざけ生 2018BYボトル

 

まるで粉雪を思い起こさせるようなスノーホワイトなラベル。

 

而今 にごりざけ生 2018BY滓

 

サイドからみると、この澱ですよ!

もうね、美しいにごりに目を奪われてしまいます。

 

 

さて、早速戴きます……最初は上澄みから!

 

而今 にごりざけ生 2018BY感想①

 

注ぐとピチピチとした微発泡。

グラスにキメの細かい気泡…まるで、とびっこのような繊極小粒の気泡がまとわりついています。

そしてグラスから漂うのは、りんごの香り。まるでシードルのような爽やかな、そしてフルーティーな香り。

 

口に含むと、まずはやはり弾ける炭酸ガス。

その刺激を舌全体で感じると、上立ちで感じたようなリンゴ様の香りが。

フレッシュな酸が直後にやってきまして、中に芯を感じるものの爽やかにフィニッシュです。

甘味
酸味

 

 

続いては、澱を混ぜて…にごりで戴きます。

 

而今 にごりざけ生 2018BY②

 

おりを混ぜると一変。

口当たりは上澄みより落ち着いているおりなめらかさを感じようとはするものの、一呼吸置くとシュワシュワとしたちょっとした発泡感。

その刺激を感じると、円熟したリンゴ様の酸、まろやかな甘みを感じ、そしてすごく濃厚な旨みがやってきます。

 

フィニッシュにかけて口に残るにごり…これを酸でキレまして終わり。

甘味
酸味

 

個人的には澱も混ぜたのが超好みな一本。

日本酒の、にごり酒の、楽しさを最高に楽しめた而今 にごりざけ生 2018BYです。

銘柄而今
スペック特別純米 にごりざけ生
原料米山田錦:34%/五百万石:66%
酒造年度2018BY
酒蔵木屋正酒造
酒蔵地三重県
精米歩合60%
アルコール度数16%
日本酒度 –
香り本文参照
甘味本文参照
酸味本文参照
濃淡本文参照
人気銘酒『而今』の魅力!味わいの特徴やスペックを一覧で紹介│日本酒銘柄紹介
木屋正酒造が醸す超人気銘柄の而今!純米吟醸を中心とした芳醇な甘みや旨味の評価が高い而今。特徴やスペックを一覧で紹介します!