贈り物におすすめのウイスキーはこちら

【日本酒】冩楽(写楽)純米吟醸 おりがらみ参 2018BY|おすすめ地酒紹介・感想

冩楽 純米吟醸 おりがらみ参 2018BYサムネイル日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

福島の銘酒『冩楽(写楽)』

宮泉銘醸が醸す、ファンの多い銘柄で本ブログでも何度か紹介していました!

今回、おりがらみをようやく入手…というのも、なじみの酒屋さんの入荷情報を知り、翌日だか何日後かに向かったら在庫はなく。聞いてみると「すぐに売り切れた」とのことでした。

冩楽人気も高まっているようで、これから入手しにくいものも増えてくるのかな?

 

というわけで、今回は冩楽(写楽)純米吟醸 おりがらみ参 2018BYの感想をお届けします。

 

冩楽 純米吟醸 おりがらみ参 2018BYボトル

 

 

実は、冩楽のおりがらみ自体いただくのは初めてなんですよね。

加えて、(多分…外でも飲んでいないはず)久々の冩楽ということもあってドキドキ。

 

ラベルの文字色はメタリックブルーとでも言うのでしょうか。非常にイケメンな作り。

そしてボトル上部には、『おりがらみ』そして『参』の文字が!

(これまで自分が飲んできた冩楽とは違いテンションが上がる)

 

冩楽 純米吟醸 おりがらみ参 2018BY感想

 

香りは若干甘みを帯びつつも軽やかな吟醸香。

 

口に含むと、非常に爽やかでスムーズな入りで、甘みをそっと感じます。

そしてその後に、くるのはキレの良い酸。

「酸がきたな」って思うと、渋みと同居したような旨みが中からじわじわとやってくるものの、やはり酸によりキレていきます。

 

『冩楽 おりがらみ』自体が初めてだったので、先入観はないところ戴きましたが、渋みのインプレッションがありました。

好みが分かれる感じですかね?

銘柄冩楽(写楽)
スペック純米吟醸 一回火入
原料米国産米
酒造年度2018BY
酒蔵宮泉銘醸
酒蔵地福島県
精米歩合50%
アルコール度数16%
日本酒度 –
香り甘みを帯びた軽やかな印象
甘味
酸味
濃淡渋・旨な感じを酸で勢いよくキレていく