今宵の酔について

【日本酒】愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

【日本酒】愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想 日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏酒の楽しみ…それは銘酒を醸す酒蔵が、さらに趣向を凝らした一本が世に出ることではないでしょうか。

今回は、宮城県の名酒蔵である新澤醸造店が醸す夏酒を紹介!

 

新澤醸造店は『愛宕の松』『伯楽星』の銘柄で有名です。

今回嗜んだのは、『愛宕の松』の夏酒である『愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸 2017BY』

 

【日本酒】愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

 

ラベルは、シンプルだけれども洗練感のある美しさ

純白のラベルに、ピンクのカラーリング…文字とハートのイラストだけという引きの美学でしょうか。

 

「ひと夏の恋」というタイトルも合わせて、青春時代の恋物語を想像してしまいます。

しかも利用米は『ひとめぼれ』……あの有名な食米を利用した一本です。

 

【日本酒】愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

 

グラスに注ぐと、ふんわりと芳醇な甘みをイメージさせる吟醸香。

口に含むと甘さは控えめで、瑞々しくフレッシュな味わい

ほんのり甘みが広がりつつも、酸味できゅっとキレイに流されます。

まさしく“甘酸っぱい”…..恋模様と似たような感じでしょうか(笑)

 

スッキリとした一本、暑い夜に楽しめますね。

銘柄愛宕の松
スペックひと夏の恋 純米吟醸
原料米ひとめぼれ(宮城県)
酒造年度2017BY
酒蔵新澤醸造店
酒蔵地宮城県
精米歩合55%
アルコール度数16%
日本酒度 –
香りほんのりと甘い吟醸香
甘味
酸味
濃淡軽やかな甘みから酸味が交わってスッとフィニッシュ