今宵の酔について

【日本酒】新政 生成(エクリュ) 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

【日本酒】新政 生成(エクリュ) 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想 日本酒感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国にあまたのファンがおり、そして日本酒ビギナーも虜にする秋田県に構える新政酒造

生酒の人気シリーズである『No.6(ナンバーシックス)』や、独創的な手法で醸すシリーズである『PRIVATE LAB(プライベートラボ)』など、感動を届けてくれます。

 

今回お届けするのは、『Colors(カラーズ)』というシリーズ。

このシリーズの特徴は、

秋田の酒米の個性を味わっていただくための火入れシリーズ。個々の酒米の魅力を最も発揮する精米歩合で醸造し、適切な火入れ処理を行うことでその特徴をそのままに固定する。
引用:新政酒造株式会社

と、定義されています。

 

 

その『Colors(カラーズ)』というシリーズから、新政 生成(エクリュ) 2017の感想をお届けします。

 

【日本酒】新政 生成(エクリュ) 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

 

レトロな雰囲気を感じさせるラベル。

褪せた薄黄色に、ロゴと文字。

生酒の『No.6シリーズ』が煌びやかなデザインのイメージがあるので、その対比もあるでしょうか。

 

【日本酒】新政 生成(エクリュ) 2017BY|おすすめ地酒紹介・感想

 

使用している減量米は、あきた酒こまち100%

 

グラスに注いで感じる香りは、ほぼ主張はないですかね。

口に含んでみると、軽やかな口当たり。

『No.6』のイメージは主張が強いイメージがあるのですが、まさしく逆の印象です。

 

舌に転がすと、やんわりと甘い…新政のイメージの様なその甘さはありますが、酸味の主張もありますでしょうか。

強い特徴がありすぎるわけではないものの、感じる味覚のそれぞれが絡み合います。

喉越しの最初の方は、甘みが強ながらも長らく残さないキレ方もしまして。

 

新政の各シリーズ、各銘柄でもちろん個性はありつつも、バランスが良く飲みやすいのはさすがです。

銘柄生成(エクリュ)
スペック生酛純米
原料米あきた酒こまち
酒造年度2017BY
酒蔵新政酒造
酒蔵地秋田県
精米歩合麹米50%/掛米60%
アルコール度数15%
日本酒度 –
香り主張はあまりない
甘味
酸味
濃淡甘みや酸味がバランスよくあり、少々の余韻