今宵の酔について

【ウイスキー】イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル|ジャパニーズウイスキー紹介・感想

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル ウイスキー感想

世界の5大ウイスキーとして数えられる『ジャパニーズウイスキー』。現在、日本のウイスキーが世界で高く評価されています。

日本では『ニッカ』でお馴染みのニッカウヰスキー社や、『角瓶』を提供するサントリー社がとくに有名ですが、豊かな自然に囲まれた地域に蒸留所を設ける地ウイスキーの人気が高まっています。

 

その中でも人気が高いシリーズの一つに挙げられるのがベンチャーウイスキー社秩父蒸留所で手掛ける『イチローズモルト』

世界最高のウィスキーを決めるWWA(ワールド・ウィスキー・アワード)で日本一や数々の品評会などで受賞しているほど。

今回は、その中でも『イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル』を戴きました。

 

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル

『イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル』は秩父蒸留所のウイスキー原酒をキーモルトにして、9蒸留所のモルト原酒と2蒸留所のグレーンウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーです。

 

テイスティンググラスに注ぐと、輝く琥珀色

グラスに意識を向けると、バニラを想像させるような豊かな甘い香りを感じれます。

さっそく味わってみると、甘い風味が感じられつつもスッとドライな感じが舌に転がります。フィニッシュまで軽やかに戴くことができます。

ストレートでお酒だけを戴いても満足できますが、あっさりとしたチーズと共にしてもさらに良いかもしれません。